モデルにになるにはどうしたらいいの?をまとめてみました。業界最大級のプロダクションと提携していますのであなたにお仕事をして欲しいプロダクションや企業も多数ございます。ご自身のスタイルなどを気にせずに、まずはお気軽にアイドルモデルオーディションにご登録ください。

モデルの種類について

ファッションモデルのタイプは大きく分けて2種類あります。雑誌や広告、パンフレットのためのスチールモデルと、ファッションショーに出演するショーモデルです。

スチールモデル
カタログや雑誌のために、クリエーターたちの指示に従っていろいろなテーマを表現します。いかにして、その商品を魅力的に演出することができるかが勝負です。

ショーモデル
ファッションデザイナーが作り上げた作品をバイヤーたちの前でアピールします。国内をはじめ、世界各地で開催されるファッションショーで、中央に置かれた舞台(CATWALK)を歩きます。

欧米に比べると、日本ではファッションショーが少なく、どちらかと言えばスチールモデルの需要が高いです。スチールの仕事では、ショーほど身長が重視されないので、多くのモデルにチャンスがあると言えます。 さらに企業の中では身長が低いモデル、体重が軽いモデルなど様々なモデルを探しています。アイドルモデルオーディションではあなたを必要としている企業やプロダクションから声をかけてもらえます。

どうすればなれるの?

モデルの仕事はどこで見つけるのでしょうか?ルートとしては、モデル事務所に所属し、仕事を探してもらう、というのが一般的です。履歴書と写真を同封した手紙を送ったりします。事務所があなたの可能性に気づいてくれれば、面接などの「二次審査」を行い、その事務所への所属が検討されます。もちろん誰でも採用されるわけではありません。女性の場合、身長168センチ以上、男性では、身長178センチ以上、というのが、ファッションモデルの平均的な身長です。もちろん、これらは絶対ではないので、少しぐらい身長が足らないからと言って、あきらめないでください。ショーモデルは背丈が必要とされますが、スチールモデルはバランスが重視されます。 アイドルモデルオーディションではスタイルに関わらずあなたを必要としているプロダクションから声をかけてもらえます。

仕事の厳しさ

モデル事務所に入ったからといって、すぐに仕事が待っているわけではありません。ほとんどのモデルたちは、アルバイトをしたり、学校に通ったり、モデルの仕事とは別の生活を持っています。何回もオーディションを受たり、キャスティングに行ったりすることは、モデルの宿命だと思ってください。なかなか仕事がもらえないからと言って、自分には素質がないのだと決めつけてはいけません。あなたの容姿や体型に合った仕事は何なのか、事務所のスタッフとしっかり話し合いましょう。たくさんのオーディションに挑戦することはいいことですが、なんでもかんでも、では意味がありませんし、時間の無駄になってしまいます。あの浜崎あゆみだって、「演歌」のオーディションには多分受からないでしょう。登録するだけで声をかけてくれる。何回もオーディションに行かなくてもいいところがアイドルモデルオーディションの素晴らしい所です。

収入について

モデルの収入には幅がありすぎて、はっきりと数字をあげることができません。時給2~3千円の仕事から、トップモデルが引き受ける高額な仕事まで、それこそ雲泥の差があります。そして、仕事の内容によってもギャラが違ってきます。ギャラが一番高いと言われている仕事は広告関係ですが、それと反比例してチャンスは少なく、トップモデルたちと競争することになります。 普通のアルバイトと比べて、確かにモデルの時給は高く設定されています。誰でもできることではないので、それは当然のことでしょう。しかし、モデルの仕事は「単発」の場合が多いのです。明日の仕事があるという保証はどこにもありません。次の仕事がもらえるかどうかは、あなたの熱意と真剣さ、そしてプロフェッショナリズムにかかっています。アイドルモデルオーディションでは直接企業からの仕事依頼もありますのでより多くの仕事をこなすことができます。

さぁ、今すぐデビューのチャンス!モデルになろう!
Copyright © アイドルモデルオーディション All Rights Reserved.